園林動態

滄浪亭簡介
2017/4/14 11:00:02

滄浪亭は蘇州に現存する歴史の最も長いの庭園で、元唐末5世代呉越で吴军節度使館孙承佑の池。北宋庆历五年(1045年)、詩人苏舜钦な、傍水建亭、「滄浪濯房」の故事は名前をつけて、後は章、ゴン氏の2氏。南宋韩世忠曾居この時によると、韩园。元に変更隠れ庵、妙大云庵。明嘉靖の25年(1546年)、僧文瑛复建。清康熙35年(1696年)、江蘇巡撫宋荦土丘の上に移す亭、光、同治年間も経修理や復興と割の現状。1954年に公に開放された。2000年じゅういち月、世界遺産として「蘇州古典園林」の拡張にによって「世界遺産」に登録されて。2006年ろく月、滄浪亭が国務院の列の第6次国家級重点文物保護単位。

パークカバーいちヘクタール以上、配置が開い畅自然で、巧于を借り、園の外が去来のカブ渓を石に建て;臨水は廊下に回復し、漏窗透き通る内外の景物を一体化し、内外の山水;未入園させの妙景、その手法は蘇州庭園の中で独自の旗印を多く。入園が横たわる物の丘、土砂が交互に、小さな竹が生い茂り、古木森鬱、山林野趣に富ん。堂館の窓の高殿の山に囲まれているため築、集于山南、「明道堂」、「瑶华境界」、「香館」、「翠玲瓏」など。康熙帝もの、乾隆帝の「御碑亭2」。「面臨水は水轩」、「レンコン花亭」、「鋤月軒」など、廊軒につながり、水と照り映えて、自成型庭、独特の風格がある。園内には500名の賢い祠、壁の上にはめ込まれては週に清二千余年間と蘇州歴史関連の有名人の石刻のような尊594、とても貴重な。また花窓108式、図紋、形式は活発で、特色がある。

通覧全園、同園を維持した時に「草树開園郁然、崇岐阜广水」の特色、自然景色、建築素樸简雅、庭園の専門家との典型的な「都市の山林」。


友情链接 :苏州园林名录专栏| 狮子林 | 平江路 | 拙政园 | 石湖 | 网师园 | 枫桥 | 植物园 | 星苏网
苏州市沧浪亭管理处  地址:苏州沧浪区人民路沧浪亭街3号 电话:0512-67970005,0512-68123123 
设计制作:星苏网团队  技术服务:苏州苏恒网络科技有限公司  电话:0512-62992190